監督:深作欣二
主演:萬屋錦之介、千葉真一、松方弘樹、西郷輝彦、大原麗子、原田芳雄、丹波哲郎、芦田伸介、山田五十鈴、三船敏郎

1978年、当時のスターを集結させた大型時代劇映画『柳生一族の陰謀』を観ました。

内容は徳川二代将軍秀忠の死後、忠長と家光の家督争いを描いたものなのですが、この映画は萬屋錦之介さん演じる柳生但馬守の映画だと思いました。
タイトルは柳生一族の陰謀ですが、実際は『柳生但馬守の陰謀』みたいなものですから。

私はこの物語を幼少期にTVドラマで見た記憶があります。
そのときは柳生十兵衛役の千葉さんと烏丸少将役の成田三樹夫さんが印象的で親父殿の印象はほとんどありませんでした。
というかTVドラマ版は最後まで見てませんので結局は但馬守が裏でいろいろやってるのかな?

逆に映画版は但馬守萬屋錦之介が印象的過ぎて、濃ゆい千葉さんが薄く感じたほどです。

ラストは圧巻です。観られてない方はぜひ映画で確認して欲しいのですが、もう歌舞伎です。

これは夢だ、夢だ、夢だ~、夢でござ~る!

そしてナレーション。
いやー笑いました。これぞエンタメ時代劇です。